MAXXIS マキシス MT772 RAZR MT タイヤ 4本セット LT285/75R16 126/123Q 10PR

MAXXIS マキシス MT772 RAZR MT タイヤ 4本セット LT285/75R16 126/123Q 10PR

47888.0000円

商品説明カテゴリ自動車、オートバイタイヤ、ホイールタイヤオフロード16インチサイズタイヤ幅 285ミリ、偏平率 75%、リム径 16インチ状態未使用(詳細)

■メーカーMAXXIS/マキシス■商品名MT772 RAZR MT■本数4本セット■リム16■サイズLT285/75R16■カーカス強度(プライレイティング)10PR■サイドウォールRBL■外径(mm)839■総幅(mm)299■標準リム8.0J■最大荷重(kg)S1700/D1549■ロードインデックス126/123Q■商品説明ブロックは階段状デザインを使用
大きなブロックの隙間にカミソリ形状パターンで泥や岩を防ぎ、サイドの鋸歯形状とブロックでサイド面のトラクションも向上
HSR Filler コンパウンドを使用しタイヤ寿命も向上
シーンを選ばす、街乗り、レジャー、等様々な状況での使用が可能■注意事項※こちらの商品は、【タイヤのみ】の商品となります。■納期メーカー取り寄せ品の為、通常即日~4営業日以内に発送致します。■ご注文時注意事項※こちらの商品はメーカー直送品の為、代金引換と後払い決済がご利用頂けません。代金引換や後払い決済でご注文頂いた場合は、お客様にご確認の上、他決済方法への変更依頼、又はご注文のキャンセル処理を行わせて頂きます。

※商品の配送先に個人宅をご指定頂けません。配送先としてご指定頂けるのはカーディーラーやショップ等となりますので、予めご了承下さい。

NZ4WD Magazine - Maxxis MT772 RAZR MT tyre review.Maxxis Razr MT On-Road Review - Rubicon JLU.Are These Tires As Good As People Say?! Maxxis Razr MT.MAXXIS RAZR MT-772 || Long Term Review Are They Worth It?.Maxxis Off-Road Tyre Range - AT771 - Razr AT - Razr MT - Trepador.MAXXIS RAZR MT tyres First Impressions REVIEW.MAXXIS MT772 Razr - #tyretalk.Maxxis RAZR | 4x4 Australia 2020 Tyre Test'.Maxxis Razr MT772 - Flagship Mud Terrain Tyre.Nonstop Auto Tires EP.31 ยาง MAXXIS RAZR AT 811 ใน MAZDA BT50 PRO.The BEST 10 All Terrain Tyre - Toyo | Maxxis | Pirelli | Falken | Nitto.All Terrains Explained with 7 of the best! BFG - Falken - Maxxis - Yokohama - Michelin - Toyo - MT.Nonstop Auto Tires EP.33 คันแรกของร้านที่ใส่ Maxxis Razr MT772.TIRE REVIEW! MAXXIS RAZR AT811..Maxxis Razr AT 811 Studio Overview.Let it snow..Do NOT Buy Hybrid Tires!.Best Mud Tires in 2020 || Top 5.Top 5 Off-Road Tires for 2022 || Staff Picks.Maxxis MT772 Razr MT NZ4WD Review.MAXXIS RAZR MT, long term review

MAXXIS マキシス MT-772 RAZR LT285/75R16 10PR マッドテレーンタイヤ ...nullタイヤ、ホイール

MAXXIS マキシス MT772 RAZR MT タイヤ 4本セット LT285/75R16 126/123Q 10PR

株式会社中部テラオカ業務概要

株式会社中部テラオカは、SA(StoreAutomation)・FA(FactoryAutomation)システムの導入・運用から保守までを一貫して行う,トータルソリューションサービスを提供いたします。  
 
■システムインテグレーション事業 ■メンテナンスサポート事業弊社は、お客様のニーズを考え、常に最新技術を駆使しながら、同時に自然との調和を目指します。