茶の湯の名器 魅力を“未来”へ伝える 「唐津焼 十四代 中里太郎右衛門先生」編