c315コート表ウール100% 裏フリース100% 中長 アウター 羽織物 ブラック Mサイズ 柔らかい 暖かい ゆったり オシャレ 気密性良い 高質

c315コート表ウール100% 裏フリース100% 中長 アウター 羽織物 ブラック Mサイズ 柔らかい 暖かい ゆったり オシャレ 気密性良い 高質

6986.0000円

商品説明カテゴリファッションレディースファッションコートコート一般Mサイズ状態未使用(詳細)
☆☆☆ご覧頂きありがとうございます☆☆☆
★商品詳細★
    

☆素材

表ウール100%
裏フリース100%

ウールは羊からとれる天然繊維で防寒性に優れ、弾性がありシワになりにくい素材です。

フリース素材の特徴
-特徴1:保温性に優れている
-特徴2:軽い
-特徴3:速乾性に優れている
-特徴4:肌触りが柔らかい
-特徴5:自宅で洗える


☆サイズ


M着丈97㎝肩幅60㎝バスト110㎝裾回り112㎝袖長さ45㎝二の腕46㎝袖口回り30㎝
L着丈99㎝肩幅62㎝バスト118㎝裾回り120㎝袖長さ45㎝二の腕46㎝袖口回り30㎝





※素人採寸の為、多少の誤差がある場合が御座いますので
ご容赦ください。



※色につきましては素人が撮影していますので実際の色を
 表現できていない場合が御座います。
※色は実物よりも明るく映っている事が多いかと思います。      

 またご覧のモニターによっては色の映り方が異なる場合が
 御座いますのでご容赦ください。

※コーディネイトに使用しているアイテムは出品物ではありません。
また写真は実際より明るくなっている場合が多くありますのでご容赦ください。


その他、多数出品しておりますのでよろしければご覧下さいませ^^


★発送詳細★
実際の送料に関しましてはページ下部に御座います
「送料、商品の受け取りについて」の発送方法の欄にて
ご確認下さい。




☆お取り置き・同梱について☆

同梱・お取り置きなどをご希望の方は、
落札終了後に取引メッセージよりご連絡下さい^^


何点でも同梱対応させて頂きます。

※お取り置き期間は連続2回程度でお願いたします。
  またその他、ご質問・ご要望など何か御座いましたら
なんでも取引メッセージよりご連絡下さい^^
★支払詳細★☆Yahoo!かんたん決済 ( 詳細 )


★その他★


特に目立つ汚れやキズ等はチェックさせて頂いていますが
もしも見落としなどがありましたらご容赦下さい。
あまりにも神経質な方のご入札はご遠慮ください。


ただし明らかに大きな見落としなどが御座いましたら
ご返品にもご対応させて頂いています。
取引メッセージよりご連絡ください。

※落札後10営業日以内に発送いたします。

 発送日より約3日~5日で到着。

※すばやい発送を心がけております,悪い評価ご遠慮下さい、

 よろしくお願いいたします。

 配送日数:通常の目安を記載してあります。


よろしくお願いします(^.^*)



沢山の素敵な落札者様とお会いできる事を楽しみにしています♪


発送完了のご連絡が遅くなる場合が御座いますが
安心してお待ちください^^



☆評価につきまして☆

発送完了の際に評価を一緒に入れさせて頂いていますので
「評価不要」の場合は落札後、取引メッセージより先にご連絡頂けますと
幸いです。




☆いたずら入札につきまして☆

最近、非常に残念なことですが悪質な落差者の方がいらっしゃいます。

いたずら入札や・嫌がらせ・悪い評価をわざとされるような
落札者の方の入札は固くお断りさせて頂きます。

もしそのような取引が発覚した場合は速やかにヤフーに報告させて頂きます。宜しくお願い致しますm(__)m












Templateby 無料★オークションテンプレート作成ドリーム♪


支払い、配送






Mens Jackets | Outdoor Gear | Appoutdoors.comnullレディースファッション



c315コート表ウール100% 裏フリース100% 中長 アウター 羽織物 ブラック Mサイズ 柔らかい 暖かい ゆったり オシャレ 気密性良い 高質

,,,

 日本生物防除協議会(Japan BioControl Association)は、日本微生物防除剤協議会(2006年~)および日本バイオロジカルコントロール協議会(1997年~)の合併により、2016年4月に発足いたしました。



guideline_logo.png


日本の生物農薬の利用促進に関する声明 (築地宣言)

2017年9月27日
                               日本生物防除協議会

<背 景>しかしながら、その現実はとみると、生物農薬の出荷額はいまだわが国の農薬出荷額の1%程度で推移している状況である。



<提 言>
上記を鑑みて以下のような方法の実施を検討する。
1. 消費者、農産物流通業界への生物農薬の技術情報を公開し、利点と必要性を訴求する。3. 上記を目的としたマスコミへの効果的なアプローチを実施する。
<達成目標>
日本の生物農薬の出荷額が長期的に農薬出荷額の5%(150億円程度)を目指し、まず2020年までに生物農薬の出荷額が日本の農薬出荷額の2%(60億円程度)を越えることを目標とする。