モトユキ ステンレス用 FMS−355KX90 王者 [FMS355K]

モトユキ ステンレス用 FMS−355KX90 王者 [FMS355K]

22328.4000円

商品説明カテゴリ住まい、インテリア工具、DIY用品ハンドツール、大工道具その他状態未使用(詳細)


※お届けについてのご注意※
当商品は落札・ご入金確認後、通常3〜7営業日で発送致します。(土日祝定休日)
お急ぎの方は、質問欄より納期を確認してから落札をお願い致します。

基本情報【品名】モトユキ ステンレス用 FMS−355KX90 王者
【入数】1枚
【品番】FMS355K
【メーカー】(株)モトユキ
【JANコード】4920350310351
【商品種類】電動・油圧・空圧工具 > 切断用品 > チップソー
商品詳細【特長】
●自社開発特殊チップで、従来の1.5倍の寿命です。●素早い切断でヤケ・バリ・カエリを残しません。●切断時の火花や粉じんも少ないクリーンカットです。

【用途】
●アングル鋼・パイプ・ハンガーレールなどの切断に。

【仕様】
●切断能力(mm)ステンレス:6●外径(mm):355●刃厚(mm):2.2●穴径(mm):25.4●刃数:90●最高使用回転数(rpm):1500●本体厚(mm):1.8

【仕様2】
●適合機種:低速型チップソー切断機

【材質/仕上】
●台金:工具鋼●チップ:超硬

【注意】
●ディスクグラインダーでは使用できません。●高速砥石切断機では使用できません。








グローバルソー ステンレス用 チップソー FMS-K.グローバルソー 鉄・ステンレス兼用 チップソー FR-N.グローバルソー ダイヤモンドカッター マルチメタルホイール ガチメタ GM / XGM.グローバルソー 鉄・ステンレス兼用 チップソー FJ-series【ホームセンター限定商品】.グローバルソー ステンレス用 チップソー ST.グローバルソー \"鉄・ステンレス兼用\" 使用方法.パワーメタル 鉄・ステンレス用 チップソー.モトユキ グローバルソーカッター M-305i 高速切断機.グローバルソー 厚物鉄鋼用 チップソー AT-180EX.【まーさんレストア】スズキのバイク アクロス(GSX250F):No.9 ガソリンタンクサビ取り.【バイク初心者に】RSタイチ プロテクションメッシュベスト RSJ337レビュー【オススメ】.【徹底比較】システムキッチン 食洗器どっちいいの?「フロントオープン」VS「スライドオープン」.なんと!atexのハンマーナイフ買っただと~! 飲み友編.【工具紹介】ディスクグラインダー/研削砥石 切断砥石.【バイク】激安サイレンサーをヤフオクで買ってみた!爆音?良い音?GPZ1100.40年前のバイクのローター研磨 非常に苦戦しました バイクのローター研磨はもうしたくないですね!! レストアするみたいです Brake rotor polishing.【送料込みで5万円】ヤフオクで買ったスカッシュの状態をチェック!/ Motorcycle Fantasy.【背丈ほどある草を刈る】アテックス草刈り機 RX653・RX803≪タナキカ≫.FGTV vol.247 金属の傷を削り取る!研磨材メーカーのイチグチさんにデモしてもらいました!.チップソー切断機 グローバルソーカッター GMC-305/GMC-305.結果報告! AISIN フューエルシステムクリーナー「最終章」
鉄・ステンレス兼用グローバルソーnull工具、DIY用品



モトユキ ステンレス用 FMS−355KX90 王者 [FMS355K]

,,,

パワーメタル 鉄・ステンレス用 チップソー
モトユキ グローバルソーカッター M-305i 高速切断機
グローバルソー 厚物鉄鋼用 チップソー AT-180EX
【まーさんレストア】スズキのバイク アクロス(GSX250F):No.9 ガソリンタンクサビ取り

 日本生物防除協議会(Japan BioControl Association)は、日本微生物防除剤協議会(2006年~)および日本バイオロジカルコントロール協議会(1997年~)の合併により、2016年4月に発足いたしました。



guideline_logo.png

【バイク初心者に】RSタイチ プロテクションメッシュベスト RSJ337レビュー【オススメ】


日本の生物農薬の利用促進に関する声明 (築地宣言)

2017年9月27日
                               日本生物防除協議会

<背 景>しかしながら、その現実はとみると、生物農薬の出荷額はいまだわが国の農薬出荷額の1%程度で推移している状況である。



<提 言>
上記を鑑みて以下のような方法の実施を検討する。
1. 消費者、農産物流通業界への生物農薬の技術情報を公開し、利点と必要性を訴求する。3. 上記を目的としたマスコミへの効果的なアプローチを実施する。
<達成目標>
日本の生物農薬の出荷額が長期的に農薬出荷額の5%(150億円程度)を目指し、まず2020年までに生物農薬の出荷額が日本の農薬出荷額の2%(60億円程度)を越えることを目標とする。