個人宅発送可能 柿本 カキモト マフラー Class KR クラスケーアール TOYOTA マークX GRX130 2.5_NA FR (T713122)

個人宅発送可能 柿本 カキモト マフラー Class KR クラスケーアール TOYOTA マークX GRX130 2.5_NA FR (T713122)

40800.0000円

商品説明カテゴリ自動車、オートバイパーツマフラー、排気系パーツ自動車メーカー別トヨタ用マフラーマフラー本体社外品メーカー・ブランド柿本改製品情報スペック・価格相場を見る 状態未使用(詳細)◆商品紹介

アクセスありがとうございます☆商品の詳細は以下表を参照ください。
項目説明商品名柿本改 Class KR シリーズ
商品の詳細
商品名Class KR
["10加速騒音規制対応モデル]
商品コードT713122
本体価格(税抜)150,000

適合車種車名[車軸形式]TOYOTA マークX
[DBA-GRX130]
排気量[EG型式]2.5_NA
[4GR-FSE]

駆動形式FR
グレード等250G(Sパッケージ, Fパッケージ, リラックスセレクション 含む)
年式09/10-10/3
変速機6AT

特記事項・純正リアアンダースポイラー装着車取付OK。



写真はイメージになります。詳細は、メーカーHPをご覧ください。(※メーカーHPより在庫確認ができます。)

その他ご不明な点がございましたら、お気軽にご質問ください。


落札後
落札されましたら、オーダーフォームを記入し、別途消費税と送料を含む代金をお支払いください。
ご入金確認後、メッセージにてご連絡いたします。
7日を過ぎても入金がない場合、削除させて頂きます。
その際、自動的に悪い評価がつきます。ご了承ください。
注意事項
■納期について本商品は、メーカーお取り寄せ商品となります。在庫品につきましては、3〜4営業日発送商品によっては、注文後1〜3ヶ月以上納期がかかる商品もございます。お急ぎの方は落札前に必ず納期のお問い合わせをお願い致します。キャンセル不可となります。
■消費税について落札金額に別途消費税がかかります。
■送料について地域、商品によって送料が異なります。下記の送料表をご覧ください。(沖縄・離島のお客様はお問い合わせ下さい。)

■お支払い方法についてYahoo!かんたん決済/銀行振込がご利用頂けます。
■発送について
ヤマト運輸/佐川急便/福山通運にてお届けいたします。配送会社の指定、日にち・時間指定の対応はできません。

■返品について
返品、交換は不可となります。
万が一初期不良や間違いがございましたら、商品到着後7日以内にご連絡ください。返金、交換などの対応をさせて頂きます。

■その他領収書の発行は行っておりません。




◆発送に関して

発送方法及び、送料は以下表を参照ください。
発送方法送料 当社指定宅急便
※税抜表示となります。

<4,500円の地域>
・関東地区 (茨城,栃木,群馬,埼玉,千葉,東京,神奈川,山梨)
・中部地区 (静岡,岐阜,長野,新潟)<5,500円の地域>
・南東北地区 (宮城,山形,福島)・関西地区(滋賀,愛知,三重)
・北陸地区 (富山,石川,福井)

<6,000円の地域>
・関西地区 (京都,奈良,和歌山,大阪,兵庫)・北東北地区 (青森,秋田,岩手)

<7,000円の地域>
・四国地区 (香川,徳島,高知,愛媛)
・中国地区 (岡山,広島,山口,鳥取,島根)
・北海道地区 (北海道)
<9,000円の地域>・九州地区 (福岡,佐賀,長崎,熊本,大分,宮崎,鹿児島)
<15,000円の地域>・沖縄地区 (沖縄)


旭川でつくる
コドモといっしょの木の道具
 
  旭川でつくる
コドモといっしょの
木の道具 

育てたいのは、
木を選ぶ おとなたち。

コド木工の製品は、 世の中に“なくてもいいもの”かもしれない。
おもちゃはパンのキャラクターのほうが人気だし、
食器もカラフルな工業製品のほうが丈夫で安い。少量でもつくる価値はある。 使いつづけてもらう意味がある。
個人宅発送可能 柿本 カキモト マフラー Class KR クラスケーアール TOYOTA マークX GRX130 2.5_NA FR (T713122)

products

子どもは木工製品の良さを理屈では考えない。
触れて、叩いて、音を聞いて、感じてくれるだろう。
だからはじめは、おとなのエゴでもいい。
いっしょに使ってみてほしい。 いっしょに遊んでみてほしい。
それがつづけばいつしか、北海道には、木があって、
旭川には、木工職人がいる。
「コド・モノ・コト」には、愉快なデザイナーがいる。
そんな、つくる現場の発想からはじまる、
子どもと木工製品の出会い。

旭川でクラフト・家具を製作しています。「木」という素材の魅力を感じてもらえるような、ものづくりを目指しています。

旭川の作り手とデザイナーが一緒に作るコド木工。お互いを尊重しながら完成度を高める為に距離を超えたやり取りがあります。コド木工はその試行錯誤の過程が面白いです。

旭川と東京を行ったりきたりしながら、旭川のつくり手と東京のデザイナーといっしょにコドモと木工の関係を探っています。

大雪山連峰の主峰、旭岳のある町、東川町で、これからも「モノ」づくりを続けていくために、大切な「コト」は何だろうと、探求しています。

shop

contact

ご返信までに3〜4日いただいております。
あらかじめご了承ください。