★HEARTILY Radiance(ハーテリー レディアンス) 17×5.5j+45★&☆ヨコハマタイヤ(YOKOHAMA) 165/40R17 72V DNA S.drive☆

★HEARTILY Radiance(ハーテリー レディアンス) 17×5.5j+45★&☆ヨコハマタイヤ(YOKOHAMA) 165/40R17 72V DNA S.drive☆

13000.0000円

商品説明カテゴリ自動車、オートバイタイヤ、ホイールタイヤ・ホイールセット17インチ4穴ラジアルタイヤメーカー・ブランドヨコハマタイヤサイズタイヤ幅 165ミリ、偏平率 40%、リム径 17インチ状態傷や汚れあり(詳細)【はじめに】
・この度は、数ある商品の中より、当商品をご覧頂き、誠に有難う御座います!
【確認事項】
・予めトラブル防止に伴い、自己紹介文/商品名/掲載画像/商品内容/各質問欄/商品落札後通知を最後までご確認の上、当商品をご検討下さい!
【検品作業】
・予め全ての確認作業について、素人が取り行った作業になりますので、本内容に誤り/見落とし等もある場合があります!
【取付/装着】
・商品落札後のアフターケアサービス/サポートについて、予め当方では、受付/対応しておりません!
【注意事項】
・商品落札後について、誠に恐れ入りますが、如何なる場合においても3N(ノークレーム/ノーキャンセル/ノーリターン)を厳守した上で取引の進行を宜しくお願い致します!
【重要事項】
・本商品を取付/装着しました事により発生しました事故やケガについて、予め当方では、一切、責任/関与致しませんので全て事故責任扱いになります!
【メーカー】
★ホイール
・HEARTILY Radiance(ハーテリー レディアンス)!
☆タイヤ
・ヨコハマタイヤ(YOKOHAMA)/DNA S.drive
【品番/型番】
★ホイール
・不明?
☆タイヤ
・不明?
【サイズ】
☆タイヤ
・165/40R17 72V
【製造年月】
☆タイヤ
・詳細不明?
【インチ】
★ホイール
・17インチ
【オフセット(インセット)】
★ホイール
・+45
【J数】
★ホイール
・5.5j
【P.C.D】
★ホイール
・100.0
【HOLE】
・4穴
【溝/山】
・二本→二~三分山程度!(フロント)
・二本→三~四分山程度!(リア)
【タイプ(仕様)】
★ホイール
・スポークタイプ!
☆タイヤ
・ラジアルタイヤ(サマータイヤ)!
【色合い(カラー)】
★ホイール
・ブラックスパッタ⇔スーパーブラックマテリアル(?)
【材質/素材】
★ホイール
・不明?
【バランス】
★ホイール
・調整済!
【ホイールキャップ】
★ホイール
・有
【エアーバルブ】
★ホイール
・有
【商品状態】
・予め使用に際して出来ました小傷/擦り傷/かすり傷/線傷等はご理解/ご了承下さい!(ホイール&タイヤ)
・ホイール一本の裏側外周に歪み/変形の影響/現象があります!
→当方の使用中、エアー漏れの現象/影響は特にありませんでした!
・ホイールは四本共に表面上にコーティンング塩化ビニール(?)の剥がれの影響/現象があります!(掲載画像参照)
・ホイールの裏側、車両の接触/設置面には、予め錆びの影響/現象があります!(掲載画像参照)
・ホイールの裏側のバランスプレートの剥がし跡が数箇所にあります!(掲載画像参照)
・タイヤについて、四本全体的に溝/山がありませんので、交換を前提としました商品とご理解/ご了承下さい!
・タイヤは四本共に全体的にひび割れ/片減りの現象/影響はありませんが、先程の溝/山同様に早目の交換を前提に宜しくお願い致します!
・当方の使用中、タイヤ四本共にエアー漏れの影響/現象は特にありませんでした!











★HEARTILY Radiance(ハーテリー レディアンス) 17×5.5j+45★&☆ヨコハマタイヤ(YOKOHAMA) 165/40R17 72V DNA S.drive☆

,,,

 日本生物防除協議会(Japan BioControl Association)は、日本微生物防除剤協議会(2006年~)および日本バイオロジカルコントロール協議会(1997年~)の合併により、2016年4月に発足いたしました。



guideline_logo.png


日本の生物農薬の利用促進に関する声明 (築地宣言)

2017年9月27日
                               日本生物防除協議会

<背 景>しかしながら、その現実はとみると、生物農薬の出荷額はいまだわが国の農薬出荷額の1%程度で推移している状況である。



<提 言>
上記を鑑みて以下のような方法の実施を検討する。
1. 消費者、農産物流通業界への生物農薬の技術情報を公開し、利点と必要性を訴求する。3. 上記を目的としたマスコミへの効果的なアプローチを実施する。
<達成目標>
日本の生物農薬の出荷額が長期的に農薬出荷額の5%(150億円程度)を目指し、まず2020年までに生物農薬の出荷額が日本の農薬出荷額の2%(60億円程度)を越えることを目標とする。